手汗をネタに結婚しました?

大学時代に一人暮らしをはじめて、新しい生活をはじめるようになってから、少し緊張すると、手がピカピカになるほど手汗をかくようになりました。

最初はあまり気にしてなかったのですが、ほんとにひどくて。

大学時代の授業中、教授から順番で指名されるかも、とおもうだけでシャーペンがうまく持てないほど手汗でベトベトになりました。
飲み会、コンパなども、すこしドキドキするだけで、ハンドタオルはかかせず、頻繁にトイレにいって、手をあらったりしていました。

気にしながらも、無事就職もきまり、毎日ハンドタオル三枚もって、働いていました。
企画の発表があったとき、上司の前で、パワーポイントをつかって、プレゼンしなければならなくなり、ほんとに困りました。

すごい手汗で、、、

ずっとハンドタオルをもっていたのですが、資料ももたなければならず、指し棒も、、、
資料のプリントはしなしなになるし、指し棒はすべって数回落とすし、同期にフォローされながらなんとかプレゼンが終了しました。

せっかく長い時間かけて、企画をたちあげ、プレゼンの資料をつくり、気合いをいれて不安と緊張の中がんばろうと、いい成果を出そうとおもっていたのに、、、心から悲しくなり涙がでました。

こういう対策は一応やってたんですけどね。

同期社員に打ち明けた結果・・・

私の手汗問題を唯一同期社員にうちあけました。

彼は笑いながら見せて見せてといい、妖怪やなと言われながら、わらっていました。

最初はとても嫌な思いしたのですが、緊張した私をみるといつも笑いながら手を握り、今日も絶好調やな!といってわらいとばしてくれました。

いつしかそんな彼にわたしも好意を抱くようになり、付き合うことに。手汗いっぱいかいても彼の前だけは安心できます。

そうやって、私の手汗をネタにしてわらいとばしてくれるような心の広い対応をしてくれる男性と出会えて私はほんとうに恵まれていました。

彼の前ではいつの間にか手汗の量が減ったようにおもいます。

結婚式も、手袋はビチャビチャで買い取ることになりましたが、今は幸せに暮らしています。

私は緊張する時だけ、すごい手汗がでる体質でしたので、ハンドクリームや、制汗パウダーは使用しませんでしたが、その時つかっていればよかったなーと思いました。

今は色々制汗グッズのサイトもアリますしね。

カテゴリー: 美容の話 パーマリンク