長年のシミとの付き合い

シミはシワと並んで女性の大敵です。「老い」を感じさせる最も嫌なものです。

シワは中年あたりから加齢とともに目立ってくることが多く、私自身も口元のシワが深くなってきてるなと最近気になりはじめたくらいですが、シミは20代の頃からできてしまい長年ずっと困っていました。

元々ソバカスは少しあったのですが、いつの間にか左のこめかみあたりに爪くらいの大きさの丸いシミができてしまいました。おそらく老人性色素斑といわれるものです。見つけた時はショックでした。

それで当時はビタミンC配合の美白美容液をつけたりしましたが、はっきり言って即効性がないのはもちろん継続して塗り続けても一向にシミの改善はみられません。それどころかうっかり日に焼けてしまうとシミは一気に濃くなるではありませんか!紫外線て本当に残酷です。

シミが薄くならないならせめて濃くならないようにとファンデーションの前に必ず日焼け止めを年中塗るようにしました。さらにシミ部分には目立たないようにコンシーラーを使ったりしていました。

若いうちはこんな感じでシミと付き合ってきたのですが、年をとるにつれていつの間にやら左のこめかみだけでなく右のこめかみにも同じような大きな丸いシミができています。さらにソバカスなのか肝斑なのかは不明ですが鼻や頬骨あたりのシミも目立ってきました。

加齢ももちろんですが妊娠出産、さらに育児であまりお肌にかまっていられない上に子どもと屋外に行くことも多くなり、ますます紫外線を浴びるのですからシミも増えて当然です。さらに最近ではガーデニングにはまってしまい庭に出る機会が多くますます日光にさらされているのでもう自業自得です。

それでも、まあいいかと諦める年齢にはまだ到達していないと思っているし出来る限り綺麗なお肌でいたいのです。

美白化粧品はカネボウの白斑事故のこともあって積極的に使う気にはなれないのでとにかく日傘や帽子、日焼け止めなどで紫外線を防ぎシミを増やさないようコツコツと努力していこうと思っている次第です。ただ、シミ対策にこのサプリが良いらしいのでそれも使ってるけどね。

カテゴリー: 美容の話 パーマリンク